葬儀とは死者への弔いの行事|種類や特徴について

供養の仕方について

喪服

人は亡くなれば、川越などで樹木葬をして別れの儀式を持ち、その後、適宜埋葬されることになる。葬儀から埋葬までが終わり、ようやく人の終の儀式は幕を閉じるのである。そして、そこからは遺族や霊園の職員による供養が行われることになる。

詳しくはこちら

故人に対して行なう

焼香

亡くなった人を送り出すための葬送儀礼の形式には、さまざまなものが存在する。特に近年、仏教式の葬儀には、規模の小ささを特徴とした新しい形の葬儀が川越などで見られるようになった。

詳しくはこちら

種類についての紹介

お寺

設備

川越などで行なう葬儀では、お通夜と告別式を行った後火葬を行うという流れが一般的である。この場合、重大な感染病にかかっている場合を除いては死後1日は遺体をしてはならないと法律で決められている。また、1日が経過していていても死亡届を出さなかった場合は遺体に手を加える許可はおりず、死体損壊の罪に問われる事となるので注意が必要である。火葬を行った後は、納骨するのが一般的であるが、樹木葬のような自然葬を行う事も増えている。
特に有名なのは散骨であり、川越などの山間部や海などに焼骨の一部を振りまくというものである。
火葬場は名前の通り遺体を焼骨にする場所であるが、直葬の場合には前述した法律の関係で遺体を1日ほど預かる場合がある。基本的に遺体は遺族の自宅に安置されているものだが、核家族化や孤独死が進み病院での逝去や直葬が増えている為、安置する場所が見つからないというのが現実である。直葬、一般葬問わず近年は葬儀業者が葬儀プランに火葬場での遺体安置を組み込んでいる事が多い。

直葬のような、スピーディな葬儀が行われるようになった理由としては、大きく分けて三つのことが挙げられる。いずれも、現代の社会状況や人の思想的な変化に所以を持つものである。ひとつには、儀式に掛かる費用のことである。通夜や葬式、告別式などの儀式には、そのための設備や場所、その他こまごました物が必要となる。それらを揃えるためには費用が掛るが、直葬では、基本的には火葬に関する料金で事足りる。経済的な状況が理由となっているのである。もうひとつは、告別式に参加する遺族以外の人が、それほど多くないという事情である。

故人の持ち物を整理

ダンボール

遺品整理は亡くなった故人の荷物などを整理する作業のことであり、葬儀会社に依頼を行なうことで遺品整理士に遺品を整理してもらうのが一般的となっています。また遺品整理を依頼する際は、遺品整理の実績が多い会社に依頼を行なうのが最適です。

詳しくはこちら