葬儀とは死者への弔いの行事|種類や特徴について

供養の仕方について

喪服

現在、葬儀と埋葬の方法には多様化が見られる。大阪などで行なわれる葬儀が、一般的な形式である「一般葬」の他に直葬や家族葬などといった形式を生んだように、大阪などで行なう埋葬にも新たな形式が生まれている。そのひとつが、樹木葬と呼ばれるものである。樹木葬は、葬送儀礼の方法の中では発祥自体が比較的新しい。1999年に東北地方で始められたのが起源である。(葬式、告別式の方法としてある直葬や家族葬は、「密葬」と呼ばれて古くから存在していた)従来のような、墓所や霊園などといった場所に建てられた、墓石の下に骨壷を納めるという方法とは一線を画する。樹木の根もとに、遺骨を埋めるのである。分解されて土に還りやすい材質で作られた容器が、骨壷を納めるのに使われるのが特徴である。和紙や竹筒などがその代表的なものである。自然界への埋葬であるが、その意味では似た形のものに「散骨」が存在する。樹木葬は「自然葬」という名称でカテゴライズされる。大阪などで行なわれている樹木葬は「永代供養」という名称でカテゴライズされるもののひとつでもある。

永代供養とは、霊園の職員が期間を設けて故人の供養を行うものである。従来は、故人が生前に、あるいは死後に家族が墓石を建てるためのスペースを霊園に購入するという形が一般的であった。永代使用料という、半永久的にそのスペースを埋葬に利用するということを意味した料金を支払い、土地を購入していたのである。その上に墓石を建て、遺骨を納めるスペースを築いていた。一家の土地に埋葬されたものは、その後遺族による供養を受けた。それが、従来の方法であった。しかし、経済的な問題や「家族」の縮小という問題から、永代使用権を取得して家の土地を購入するという形を選ばない人が増えた。永代使用料が経済的な負担となったり、墓に入ったあとの供養をする家族がいないといった状況が、永代供養が選ばれる理由となっているのである。